欧州委員会の新名簿公表 男女均等を実現=公約通り

(VOVWORLD) - ウルズラ・フォンデアライエン次期欧州委員長は10日、欧州委員会の新名簿を発表しました。新委員27人のうち13人は女性が占め、フォンデアライエン氏の公約通り、男女均等が実現されています。
欧州委員会の新名簿公表 男女均等を実現=公約通り - ảnh 1写真提供:AFP

 現競争政策担当委員として米テクノロジー大手に数々の制裁を科してきたマルグレーテ・ベステアー氏(デンマーク)は、新設の上級副委員長とデジタル関連・競争政策担当委員を兼任し、ブレグジット後の対英貿易交渉を担う通商担当委員には、現農業・農村開発担当委員のフィル・ホーガン氏(アイルランド)が就任するとしています。

加盟各国の財政の審査に深く関わる経済担当委員には、イタリアのジェンティローニ前首相が抜てきされました。一方、フランスのグラール元国防相は、域内市場・防衛・宇宙産業担当委員としてEUの産業政策を手掛けます。ベルギーのレンデルス元副首相兼外務・欧州問題相は司法担当委員として、また現司法・消費者・男女平等担当委員のべラ・ヨウロバー氏(チェコ)は、副委員長兼価値・透明性担当委員として、コンプライアンス(法令順守)を監督することになります。

欧州委員会は5月の欧州議会選挙を受け、全委員が交代するということです。欧州連合(EU)加盟28カ国が1人ずつ候補を選出し、欧州議会の承認を得た上で、11月に新メンバーが就任します。英国は10月31日にEUを離脱する予定のため、委員を推薦していませんが、フォンデアライエン氏は、離脱が延期されれば委員を輩出する必要があるとしています。(Europe.nna.jp)

ご感想

他の情報