武漢で入院の日本人男性死亡

(VOVWORLD) -外務省によりますと、中国の湖北省武漢で肺炎を発症し、入院していた60代の日本人男性が、8日、亡くなりました。
新型コロナウイルスに感染した疑いのある日本人の死亡が確認されたのは、これが初めてです。
外務省によりますと、亡くなった60代の日本人男性は、中国の湖北省武漢で、先月16日ごろから発熱の症状があり、先月22日から武漢の病院に入院していました。
男性は、肺炎と診断され、検査の結果、先月28日、新型コロナウイルスの陽性反応が出て、感染が疑われていましたが、検査結果が確定しないまま、8日、亡くなりました。
新型コロナウイルスに感染した疑いのある日本人の死亡が確認されたのは、これが初めてです。
入院先の武漢の病院では、死因について、「ウイルス性肺炎」だとしていますが、新型コロナウイルスによる肺炎かどうかは、確定的に判断はできないとしています。
外務省によりますと、男性は、武漢に、中国人の妻とともに住んでいたということです。
政府は、「ご冥福をお祈り申し上げるとともにご家族にお悔やみを申し上げる」とした上で、引き続き、現地の大使館を通じて、男性の家族と緊密に連絡を取り、支援を行っていきたいとしています。

感染症に詳しい、東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は、中国・武漢で日本人の男性が死亡したことについて、「亡くなったことはとても残念だ。感染の拡大が続いている中国・武漢では、大勢の患者が病院を受診しているため、重症患者への十分なケアが難しくなっている可能性もある。比較的、医療体制が整っている日本では、重症化のリスクは現地に比べて低いはずなので、日本国内の人たちにはこの情報を冷静に受け止めてもらいたい」と話しています。

ご感想

他の情報