民主候補、絞り込み進む 台湾系ヤン氏ら撤退表明―米大統領選

(VOVWORLD) -米大統領選に向けた民主党の候補指名争いで、台湾系の起業家アンドルー・ヤン氏(45)とマイケル・ベネット上院議員(55)が11日、相次ぎ撤退を表明しました。

デバル・パトリック前マサチューセッツ州知事(63)も撤退するという観測が広がっており、指名レース序盤2戦を終え、候補者の絞り込みが進んでいます。
世論調査の支持率でヤン氏は5%未満、ベネット、デバル両氏は1%未満に低迷し、いずれもアイオワ州党員集会とニューハンプシャー州予備選で代議員を獲得できなかったとされます。

アジア系初の米大統領を目指していたヤン氏は、所得保障制度の創設などを公約しました。政治的に無名ながら一定の人気を得たが、支持者らに「(獲得代議員の)数を見れば、勝てないのは明らかだ」と述べ選挙運動中止を表明しました。
党内穏健派のベネット氏は人工知能(AI)を活用した経済活性化などを掲げ、昨年4月に前立腺がんの手術を受けながら指名レースに参入していました。パトリック氏は予備選参加者で唯一の黒人候補で、穏健派の立場から国民皆保険や富裕層増税に慎重姿勢を示しています。

ご感想

他の情報