水源と貯水池の安全保障を確保

(VOVWORLD) - 17日午前、ハノイで、国会・科学技術委員会は生産・生活用水の安全保障と貯水池の管理に関する会議を行ないました。
水源と貯水池の安全保障を確保 - ảnh 1

会議で発表された同委員会の報告によりますと、14の省・市の12ヶ所の貯水池や3ヵ所の水力発電所、4ヶ所の給水ステーションで行なわれた調査の結果、水の備蓄量が十分であるものの、中小規模の貯水池が劣化したことから、安全性が低くなってきたことが分かりました。国会・科学技術委員会のファン・スアン・ズン主任は次のように明らかにしました。

(テープ)

「水源と貯水池の安全保障の確保は差し迫った問題となっています。水源の効果的な使用、管理に関する思考を変えなければなりません。これは住民の生活と国の経済社会発展に大きな影響を与える課題です。水源と貯水池の安全保障に関する試練や長期的な解決策について慎重に討議する必要があります。」

会議で出席者らはメコンデルタの水源に対する気候変動の解決策に関する政府と関連各省の行動計画について触れました。

ご感想

他の情報