海軍、ホーチミン主席の道徳を見習う

この2年間あまり、ベトナム海軍による「ホーチミン主席の道徳を見習おう」という運動は持続的に発展し、幅広く拡大されるようになりました。

海軍、ホーチミン主席の道徳を見習う - ảnh 1

                                                                                    デイン・ザ・タット准提督


ベトナム海軍党委員会委員長のデイン・ザ・タット准提督は「この2年間、運動の実施により、それぞれの個人が自発的な意識と責任を高めるようになった。」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「現在、海軍にとって重要な任務は祖国の海、島、大陸棚の主権を管理、保護し、海上の平和的環境を維持し、現代的な海軍を構築しなければならないことです。そこで、ホーチミン主席の道徳を見習おうという運動を継続しなければなりません。このことは、幹部、兵士の本気で決意しなければなりません。」

このように語った、タット准提督は「様々な形で、ベトナム海軍は、「ホーチミン主席の道徳を見習おう」という運動と「党建設に関するいくつかの差し迫った問題」に関する第11期共産党中央委員会第4回総会決議を両立させて実現する」と強調しました。

ご感想

他の情報