牛肉輸出拡大でEUと合意 トランプ大統領が発表

(VOVWORLD) -アメリカのトランプ大統領は、EU=ヨーロッパ連合へのアメリカ産牛肉の輸出を拡大することでEUと合意したと発表しました。アメリカの大統領選挙を来年に控え、中国との貿易摩擦の影響を受ける農家の支持をつなぎとめるねらいがありそうです。
トランプ大統領は2日、ホワイトハウスで記者会見し、ホルモン剤を使っていないアメリカ産牛肉を、関税がかからずにEUに輸出できる枠を3万5000トンまで段階的に拡大することでEUと合意し、双方が協定に署名したと発表しました。

トランプ政権はこれによってアメリカ産牛肉のEUへの年間の輸出額が7年後には3倍に増えることになるとしています。

トランプ大統領は発表の場に畜産農家でつくる団体のメンバーを同席させ、「アメリカの農家や牧場主にとって大きな勝利だ。私たちの政権はかつてないほど農家や牧場主を守っている」とアピールしました。

トランプ大統領は中国との貿易摩擦の影響で打撃を受ける自国の農家に対し巨額の補助金を拠出しているうえ、中国やEU、それに日本に対しても、農産物の市場開放を強く求めています。

こうした戦略には来年の大統領選挙での再選を目指し、農家からの支持をつなぎとめるねらいがあるとみられ、今後アメリカが各国への要求を一層強めることも予想されます。(NHK)

ご感想

他の情報