「短距離ミサイルとみられる」韓国軍 朝鮮の飛しょう体

(VOVWORLD) -韓国軍は、朝鮮民主主義人民共和国が25日朝早く、日本海に向けて発射した2発の飛しょう体について、短距離ミサイルとみられると明らかにしました。
「短距離ミサイルとみられる」韓国軍 朝鮮の飛しょう体 - ảnh 1        (写真:AFPTTXVN

飛距離と高度がともに朝鮮民主主義人民共和国がことし5月に発射した短距離弾道ミサイルと似ていることから、韓国軍はさらに詳しい分析を進めています。

韓国軍合同参謀本部の発表によりますと、朝鮮民主主義人民共和国は25日午前5時34分ごろと午前5時57分ごろの2回、東部のウォンサン(元山)付近から日本海に向けて合わせて2発の飛しょう体を発射し、飛距離およそ430キロ、高度50キロ余りに達したということで、短距離ミサイルとみられるとしています。

韓国国防省の報道官は25日午前行われた定例の記者会見で、朝鮮民主主義人民共和国側に対し、「朝鮮半島の軍事的な緊張緩和の努力に助けとならない行為を中断するよう求める」と述べるとともに、監視態勢を強化する考えを示しました。

朝鮮民主主義人民共和国はことし5月4日にもウォンサン付近から日本海に向けて複数の短距離の飛しょう体を発射し、5月9日には、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、北西部から日本海に向けて複数の短距離弾道ミサイルを発射しました。

この時も最大で420キロ飛行して高度50キロ余りに達し、今回の2発と航跡が似ていることから、韓国軍はアメリカ軍と協力して、さらに詳しい分析を進めています。

国連の制裁決議は朝鮮民主主義人民共和国に弾道ミサイル技術を使ったあらゆる発射を禁じており、今回発射したのが弾道ミサイルだとすれば制裁決議に違反する可能性があります。

朝鮮民主主義人民共和国をめぐっては、アメリカのトランプ大統領が先月、キム委員長と3回目の首脳会談を行い、非核化をめぐる実務協議の再開で一致しています。

一方で朝鮮民主主義人民共和国外務省は先週、アメリカと韓国が規模を縮小しながらも来月に合同軍事演習を予定していることについて「われわれに対する露骨な圧迫だ」として、米朝協議の取りやめも示唆しており、韓国では米朝協議の再開もにらんだ揺さぶりではないかという見方が出ています。

ご感想

他の情報