社会的距離のち 感染抑制と経済社会発展を両立

(VOVWORLD) - 感染リスクが低い地方は多くの生産・経営活動を回復することができますが、絶対に感染予防対策を怠ってはならないとしています。
社会的距離のち 感染抑制と経済社会発展を両立 - ảnh 1 会議で発表しているチュン委員長

22日夜、ハノイ市の新型コロナウイルス感染予防対策指導委員会の会議で、ハノイ市人民委員会のグエン・ドゥク・チュン委員長は、23日0時から、社会的距離の確保を緩和させ、経済活動を徐々に復活させると明らかにしました。チュン委員長は次のように語りました。

(テープ)

「4月23日0時から、経済活動に関する規定を徐々に緩和しますが、バーやカラオケ、マッサージ、テレビゲームなどのサービスの再開を引き続き禁止するとともに、人が混み合う場所も禁止します。また、マスクを着用しない人や、人混みの禁止を無視した人に対しても引き続き罰金を科します。そして、バイク移動のとき、安全な距離を確保しなければなりません。

一方、新型コロナウイルス感染予防対策国家指導委員会は、感染抑制と経済社会の発展を両立させるため、宿泊や観光、飲食などのサービスに関する規定を緩和しながらも、感染予防対策を引き続き徹底させなければならないと指導しています。また、感染リスクが低い地方は多くの生産・経営活動を回復することができますが、絶対に感染予防対策を怠ってはならないとしています。同委員会の顧問チャン・ダック・フ氏は次のように語りました。

(テープ)

「各地方は引き続き、工場などで労働者の検温や距離の確保などを徹底させるよう指導する必要があります。職場でも食堂でも会社の寮でも距離の確保やマスク着用などを守らなければなりません。これは効果的な予防策ですから。」

ご感想

他の情報