第35回ASEAN・日本フォーラム

(VOVWORLD) -今回のフォーラムには共同議長であるグエン・クオック・ズン外務次官と日本の森健良外務審議官、及び日本とASEAN各国の政府関係者が出席しました。
第35回ASEAN・日本フォーラム - ảnh 1      写真: hanoimoi.com.vn

14日午前、第35回ASEAN・日本フォーラムがオンラインで開催されました。今回のフォーラムには共同議長であるグエン・クオック・ズン外務次官と日本の森健良外務審議官、及び日本とASEAN各国の政府関係者が出席しました。

席上、双方は、この間のASEANと日本との協力状況や、第23回ASEAN首脳会議の準備作業を点検すると同時に、地域情勢についても討議しました。

森外務審議官は、「菅首相の新政権は、地域内の平和、安定、対話、協力を促進する。日本は、東南アジア地域との協力を強化し、ASEANの中核的な役割を重視する」と明らかにしました。

一方、ズン外務次官はASEAN・日本対話関係の調整国として、双方に対し、新型コロナ対策や、ASEAN感染症対策センターの早期設立に向けて緊密に連携しゆくよう求めました。また、ズン氏は、現在の背景の中で、地域内の平和、安全、安定の確保の重要性を強調した上で、ベトナム東部海域(南シナ海)に関するASEAN原則を繰り返しました。

ご感想

他の情報