米、イラン核合意に復帰すべき 新合意望むなら=ロウハニ大統領

(VOVWORLD) - イランのロウハニ大統領は25日、アメリカがイランとの新たな合意を望むなら、まずはアメリカ2年前に離脱した2015年のイラン核合意に復帰する必要があると述べました。
米、イラン核合意に復帰すべき 新合意望むなら=ロウハニ大統領 - ảnh 1    イランのロウハニ大統領=AFP/TTXVN

テレビの記者会見で「アメリカ政府によるイランへの最大の圧力政策は完全に失敗した。アメリカ政府がわれわれとの合意を望むなら、その時はアメリカが核合意から離脱したことを謝罪し、復帰すべきだ」と語りました。

さらに、「アメリカのトランプ大統領はよくしゃべる。トランプ氏であろうとなかろうと、次期米大統領はイランに対し異なるアプローチを取るべきだ」と述べました。

IAEA=国際原子力機関のグロッシ事務局長はこの日、イランが過去の核開発疑惑に関連した施設2カ所への査察問題を巡り同国を訪れ、サレヒ原子力庁長官と会談しました。

ISNA=イラン学生通信によりますと、サレヒ長官は「非常に建設的な対話をした。IAEAが独立した専門的な責任を遂行し、イランは法的義務を果たすことで一致した」と語りました。

その上で「イランとIAEAによる連携の新たな章が始まる」としつつも、「イランは2015年の核合意に基づくコミットメントを超える要求には応じない」と言明しました。

グロッシ事務局長はツイッターへの投稿で「イランでのIAEAによる安全検証活動を巡り合意を模索している」と述べたものの、詳細には踏み込ませんでした。しかし、関係筋によりますと、イランが2施設への査察官立ち入りで合意した可能性もあるということです。

アメリカ政府は先週、国連安全保障理事会に対して2015年の核合意に基づく制裁を再発動するよう要請しました。ただイラン政府は、グロッシ氏の訪問とアメリカの行動に関係はないとしています。(ロイター)

ご感想

他の情報