米、ベネズエラ「高いレベルの接触」=両首脳確認、緊張緩和へ前進か

(VOVWORLD) -南米ベネズエラで独裁的な反米左派のマドゥロ大統領と、「暫定大統領」を名乗るグアイド国会議長が対立を深めている問題で、グアイド氏の後ろ盾であるトランプ米政権とマドゥロ政権が高いレベルで接触していることが20日分かりました。トランプ、マドゥロ両氏が明らかにしました。

トランプ米大統領は同日、記者団からの「マドゥロ政権と接触しているか」との質問に「そうだ」と確認。「(相手は)誰とは言いたくないが、とても高いレベルだ」と述べました。
これを受けてマドゥロ大統領は、テレビ演説で「数カ月にわたり、われわれは接触を持ってきた」と指摘しました。「国内で(グアイド氏側との)対話の道を探ってきたように、トランプ大統領にベネズエラの本当の声を聞いてもらう道を探していた」と説明しました。

ベネズエラ情勢がこう着状態に陥る中、最大の「当事者」のマドゥロ、トランプ両氏が接触を認めたことで、緊張緩和の流れが生まれる可能性が出てきました。マドゥロ、グアイド両派が早期の大統領選実施を模索しているとも伝えられます。ただ、アメリカの譲れない一線は「マドゥロ氏排除」であり、マドゥロ氏がそれをのまなければ事態は進みそうにありません。マドゥロ氏を支持するロシアや中国の思惑も絡み、情勢はなお流動的です。

アメリカは産油国ベネズエラにとって最大の輸出先でしたが、今年1月にグアイド氏が暫定大統領就任を宣言し、即座に米政府が承認したのを機にマドゥロ政権が断交を宣言しました。アメリカも矢継ぎ早に経済制裁を打ち出し、マドゥロ政権に圧力をかけています。

ご感想

他の情報