米下院、ワシントンに51番目の州を付与する法案を可決

(VOVWORLD) -アメリカ下院本会議は26日、首都ワシントン(コロンビア特別区)に51番目の州の地位を付与する法案を野党民主党の賛成多数で可決しました。

同国のメディアによりますと、連邦議会で同種法案が可決されるのは初めてでしたが、上院では多数を占める与党共和党が反対する方針で成立の見通しはなく、象徴的な動きにとどまっているようです。

ワシントンの人口は約70万人で、西部ワイオミング、東部バーモントの2州よりも多いです。だが国政では投票権のない代表1人を下院に送ることができるだけです。税金は納めるのに市民の意見を国政に反映できないのは公正ではないとの不満が根強いということです。(共同)

ご感想

他の情報