米下院 大統領弾劾へ調査 トランプ氏はツイッターで反論

(VOVWORLD) -アメリカのトランプ大統領が大統領選の有力候補に不利になる情報を引き出すため、ウクライナに圧力をかけた疑惑で、大統領の弾劾に向けた調査が本格化しています。

野党・民主党が多数派を握る議会下院の外交委員会などは27日、トランプ大統領弾劾に向けた調査の一環で、ポンペオ国務長官にウクライナ関連の資料提出を求める召喚状を出しました。

一方のトランプ大統領は、ツイッターで「弾劾手続きで大統領の座を奪おうとしている」と民主党を批判し、あらためて潔白をアピールしています。

ご感想

他の情報