米中が同時に関税上乗せ措置発動 対立は一段と激しく

(NHK) アメリカのトランプ政権は、中国からの輸入品3200品目余りを対象に15%の関税を上乗せする措置を、日本時間の1日午後1時すぎに発動しました。これに対し中国は、同時に、アメリカからの輸入品1700品目余りを対象に、最大で10%の関税を上乗せする対抗措置を発動し、貿易問題をめぐる米中両国の対立は一段と激しくなるのが避けられない情勢です。

米中が同時に関税上乗せ措置発動 対立は一段と激しく - ảnh 1    アメリカに輸出された中国製品

     (写真:: AFP/TTXVN)

アメリカのトランプ政権は、貿易交渉をめぐって中国がアメリカ産の農産品の輸入拡大に応じないなどとして、先月、関税を上乗せする対象を広げると発表し、日本時間の1日午後1時すぎ、液晶テレビや時計などを含む中国からの輸入品3200品目余り、金額にしておよそ1100億ドル分に15%の関税を上乗せする措置を発動しました。

これによって関税上乗せの対象は、中国からの輸入額の7割近くに達しました。
一方、中国はこれに対して同時に、原油や大豆などアメリカからの輸入品1700品目余りを対象に、最大で10%の関税を上乗せする対抗措置を発動しました。

米中両国はことし12月にも、さらなる関税の上乗せ措置を発動する構えで、発動されれば米中ともに互いの輸入額の大半が関税上乗せの対象になる見通しです。

トランプ政権としては中国への圧力を一段と強めることで、貿易問題をめぐり中国側から譲歩を引き出したい考えですが、中国側は、原則に関わる部分では譲歩しない姿勢を崩していません。

トランプ政権は今月上旬、ワシントンで中国側と閣僚級の貿易交渉を行うとしていますが、事態打開のめどは立っておらず、両国の対立が一段と激しくなるのは避けられない情勢です。


ご感想

他の情報