米中、航空便週4便の運航認可へ デルタは来週再開

(VOVWORLD) -米運輸省は15日、米中両政府がそれぞれ週4便の米中航空便の運航を認めると表明しました。新型コロナウイルスに関する渡航規制を巡る両国の対立が緩和したことになります。

デルタ航空は、中国政府の承認を得たため、来週からシアトル発上海着(ソウル経由)の便の運航を再開すると表明しました。7月からはシアトル発、デトロイト発の便を週1便運航するとしています。

 米運輸省は、今後も米中旅客便の完全な運航再開を求めていくと表明しました。「中国政府が米航空会社による運航拡大を許可すれば、米国もそれに応じた対応をする」と述べました。

トランプ米政権は中国航空会社によるアメリカへの旅客便乗り入れを今月16日から禁止する方針を示し、中国政府に米航空会社の中国路線再開を認めるよう迫っていました。中国航空会社の複数のチャーター便についても懸念を示していました。(ロイター)

ご感想

他の情報