米印の国防相 インド太平洋地域の平和と安定へ日豪と連携確認

(VOVWORLD) - アメリカのオースティン国防長官はインドのシン国防相と会談し、インド太平洋地域の平和と安定に向け、日本やオーストラリアなどと連携していくことを確認しました。
インドを訪れているアメリカのオースティン国防長官は20日、シン国防相と会談しました。
会談ではインド太平洋地域の平和と安定に向け、「クアッド」と呼ばれる日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4か国の連携を強化するとともに、ASEAN=東南アジア諸国連合とも協力を深めていくことを確認したということです。
会談のあとの記者会見で、シン国防相は「情報共有や後方支援など幅広い防衛協力に焦点を当てた。アメリカとの関係をさらに強固なものにすると約束する」と述べました。
またオースティン長官は「安定した国際秩序が脅かされる中、アメリカとインドの関係は『自由で開かれたインド太平洋』の拠点となっている」と述べ、中国を念頭に地域の安全保障に向けてインドが果たす役割の重要性を強調しました。
アメリカのバイデン大統領は今月12日にはオンラインで行われた「クアッド」4か国の首脳会合で連携の強化に取り組む姿勢を示しており、オースティン国防長官による今回のインド訪問でも連携強化を印象づけるねらいがあったとみられます。(NHK)

ご感想

他の情報