米国上院で トランプ大統領の弾劾裁判 21日から実質審理へ

(VOVWORLD) -アメリカのトランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐって、議会上院で弾劾裁判の裁判長の宣誓など裁判を始めるための手続きが行われました。実質的な審理は来週21日に始まる予定で、秋の大統領選挙に影響を与える可能性があることから高い関心を集めています。
米国上院で トランプ大統領の弾劾裁判 21日から実質審理へ - ảnh 1 弾劾調査を指揮する民主党のアダム・シフ下院議員(左)=AFP/TTXVN

アメリカのトランプ大統領は、先月、ウクライナ疑惑をめぐって「権力乱用」と「議会妨害」で弾劾訴追されました。

これを受けてアメリカ議会上院は16日、下院から送られた大統領の弾劾訴追の決議を正式に受理しました。

そして弾劾裁判の裁判長を務めるロバーツ連邦最高裁判所長官や、陪審員役を務める議会上院の議員が宣誓し、裁判を始めるための手続きが行われました。

トランプ大統領は弾劾裁判にかけられるアメリカ史上3人目の大統領となり、来週21日から実質的な審理が始まる予定です。

弾劾裁判で大統領を罷免するには議会上院の出席議員の3分の2の賛成が必要で、上院は与党・共和党が多数派であることから、罷免される可能性は低いと見られています。

ただ、野党・民主党が、疑惑の鍵を握るとされる元側近のボルトン前大統領補佐官らを証人として召喚するよう求めているのに対し、共和党は応じない姿勢で、与野党で駆け引きが続いています。

弾劾裁判は、秋の大統領選挙に影響を与える可能性があることから全米の高い関心を集めています。(NHK)

ご感想

他の情報