米国務副長官 政権交代前に韓国高官と会談

(VOVWORLD) -韓国を訪問している米国のビーガン国務副長官(北朝鮮担当特別代表)は9日、外交部の高官と相次いで会談しました。8日午後に韓国入りしたビーガン氏は11日まで滞在します。
米国務副長官 政権交代前に韓国高官と会談 - ảnh 1      (写真:YONHAP/TTXVN)

バイデン政権発足が約1カ月後に迫り、ビーガン氏の現職としての訪韓は最後になるとみられます。

ビーガン氏は朝鮮民主主義人民共和国核問題の交渉で韓国政府代表を務める外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と会談しました。まず韓米の朝鮮半島問題と関連した緊密な協力を振り返りました。

ビーガン氏は会談の冒頭で「韓米両国は常に並んで立ち、朝鮮半島の平和と安定を進展させ、さらに朝鮮民主主義人民共和国に安定と繁栄をもたらし、北朝鮮住民に新しい未来を用意するために努力した」と述べました。

また朝鮮民主主義人民共和国担当特別代表として李氏と韓国、韓国国民に謝意を伝えるとし、「後任者のための基盤作りで協力することを期待する」と要請しました。

李氏は「これまで朝鮮半島情勢は迂余(うよ)曲折があった」としながら、韓米は緊密な調整と対話を通じての問題解決という原則を守ってきたと話しました。

両氏はこれまでの交渉過程を振り返る一方、米国で政権が交代する状況において朝鮮半島情勢を安定的に管理し、北朝鮮との対話の勢いを維持するための方策について意見交換したといいます。

両氏は2018年8月にビーガン氏が朝鮮民主主義人民共和国担当特別代表に就任してから協力してきました。

ご感想

他の情報