米外交誌、「米の対イラン最大限圧力行使政策は完全に失敗」

(VOVWORLD) -アメリカの外交専門誌フォーリン・ポリシーが、「イランに対するアメリカの最大限の圧力行使政策は完全に失敗しており、イランはアメリカを全く恐れていない」としました。
米外交誌、「米の対イラン最大限圧力行使政策は完全に失敗」 - ảnh 1米国外務長官(写真:AFP/TTXVN)

フォーリン・ポリシーは、イランに対する最大限の圧力行使キャンペーンの推進という、アメリカの誤った政策を指摘し、「イランはもはやアメリカを全く恐れていない。このことは、アメリカが核問題や地域問題のいずれにおいても、抑止力としての水準を有していないことを示している」としています。

この記事によりますと、イランは現在、米国に対するある種の最大圧力アプローチを取っています。

フォーリン・ポリシーはまた、「トランプ前大統領は、2018年に対イラン核合意から一方的に撤退した後、いわゆる最大限の圧力政策に沿って、同合意に基づいて停止されていた制裁を復活させたうえ、新たな制裁を課したが、これは完全に失敗した」と報じました。

トランプ氏は、イランに対する戦略の欠如、同国との緊張の高まり、そして米国の同盟国からの乖離を理由に、彼に批評的な評論家から広く批判されてきました。

現在の米政権の当局者は、最大限の圧力政策の失敗を繰り返し明確に認めています。

ご感想

他の情報