米大使館員、一部に退避勧告 武装勢力、首都に接近―チャド

(VOVWORLD) -米国務省は18日、声明を出し、アフリカ北部チャドの米大使館員に「反政府武装勢力が首都ヌジャメナに接近中。首都が騒乱状態となる恐れがあり、緊急の用がない館員は直ちに退避せよ」と勧告しました。
米大使館員、一部に退避勧告 武装勢力、首都に接近―チャド - ảnh 1(写真:AFP/TTXVN)
英政府も17日、チャド滞在中の国民に退避を促しました。
チャドでは11日、大統領選の投票が行われ、1990年から権力を握るデビ大統領が予想通り勝利する見通しです。しかし、リビア国境を拠点にする反政府勢力「チャド変革友愛戦線(FACT)」が投票当日、国境検問所を襲撃し蜂起していました。

ご感想

他の情報