米大統領、インドネシアとブルネイの訪問中止

米大統領、インドネシアとブルネイの訪問中止 - ảnh 1
オバマ大統領
写真:ロイター

アメリカの一部政府機関の閉鎖の影響を受け、ホワイトハウスは3日、オバマ大統領が、TPP=環太平洋経済連携協定)の首脳会合などのために予定していたインドネシアとブルネイの訪問を欠席すると発表しました。

欠席の理由について、ホワイトハウスのカーニー報道官は、「政府機関が閉鎖している状況の際に、オバマ大統領が、外国訪問をするのは難しい」と説明しました。

そのうえで、「避けられたはずの政府機関閉鎖のために、アジアへのアメリカの輸出を促進することで雇用を創出する機会を失った」として、野党・共和党を批判し、政府機関を再開させるため、暫定予算を早急に採決するよう、あらためて要求しました。オバマ大統領は、インドネシアで行われるTPP首脳会合で議長を務める予定だったが、外交や通商政策で、政権にとって大きな痛手となるとみられます。

ご感想

他の情報