米大統領選、クリントン氏がトランプ氏をリード 最新世論調査

【AFP】米大統領選の候補をめぐる最新の世論調査が26日公表され、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官が共和党の不動産王ドナルド・トランプ氏に対して優位に立ちました。トランプ氏はここ1か月の騒動が災いして有権者や党幹部の支持を集められていません。

米大統領選、クリントン氏がトランプ氏をリード 最新世論調査 - ảnh 1
(写真:AFP/TTXVN)

米紙ワシントン・ポストと米テレビABCニュースが合同で行った世論調査では、民主党の候補指名を確実にしているクリントン氏の支持率が51%に上昇した一方、共和党の候補指名が確実なトランプ氏は39%に下落しました。先月の調査では支持率が拮抗していましたが、今回はクリントン氏の2桁リードに転じました。

米紙ウォールストリート・ジャーナルと米テレビNBCニュースの合同調査でも、クリントン氏の46%に対してトランプ氏41%という結果になりました。ただこちらはわずかな差となっています。第3の候補を含めた場合の回答ではクリントン氏39%、トランプ氏38%でほぼ並んでいます。

トランプ氏は今月、選挙対策責任者の解任に踏み切ったほか、企業セミナー「トランプ大学」をめぐる訴訟でメキシコ系の判事を外すべきだと発言した問題などが非難を浴びました。クリントン氏はトランプ氏を「気質からして不適当」と繰り返し批判しています。

5月末時点での選挙資金でもクリントン氏陣営の4200万ドル(約43億円)に対し、トランプ氏陣営は130万ドル(約1億3300万円)と大きく差がついています。

ご感想

他の情報