米大統領選、バイデン氏のリード縮小 雇用などでトランプ氏優位

(VOVWORLD) -ロイター/イプソスが4─5日に行った世論調査によりますと、11月の米大統領選に向け民主党の候補指名が確実となったバイデン前副大統領は、ここ数週間で現職のトランプ大統領(共和党)に対するリードが縮小しました。

新型コロナウイルスの流行が続く中、有権者の前に姿を見せることが難しくなっています。

調査では、登録有権者の43%が11月の大統領選でバイデン氏を支持すると回答したのに対し、41%がトランプ氏を支持すると回答し、事実上ほぼ互角となりました。

 バイデン氏は先週の調査で6ポイント、4月15日と21日の調査では8ポイントリードしていました。

新型コロナの感染拡大を防ぐ措置に従い、バイデン氏はデラウエア州の自宅から選挙戦を展開せざるを得ない状況です。

一方のトランプ大統領は感染対策の指揮を執り、先日まで連日ホワイトハウスで会見を行っていました。

バイデン氏を巡っては、元スタッフが1993年に性的暴行を受けたと主張する問題も浮上しています。同氏は疑惑について、「真実ではない」と否定しました。

ご感想

他の情報