米大統領選 バイデン氏 選挙人投票で過半数獲得

(VOVWORLD) - 先月行われたアメリカ大統領選挙で選ばれた538人の選挙人による投票が全米各州で行われ、民主党のバイデン氏が当選に必要な過半数の票を正式に獲得しました。来月開かれる連邦議会でバイデン氏の当選が最終的に確定することになります。
米大統領選 バイデン氏 選挙人投票で過半数獲得 - ảnh 1         (写真:AFP/TTXVN)

アメリカ大統領選挙は、先月3日の投票結果を受けて選ばれた538人の選挙人が州ごとに投票を行って大統領を正式に選出する仕組みで、14日、各州で選挙人による投票が行われました。


このうち、大統領選挙で民主党のバイデン氏が1ポイントあまりの差で制した激戦州ペンシルベニア州では、あらかじめ指名された20人の選挙人が州都ハリスバーグに集まり、正午から投票しました。

そして20人すべてが大統領候補としてバイデン氏に、副大統領候補としてハリス氏に投票し、選挙人団の代表者がその結果を首都ワシントンの連邦議会に通知することを宣言しました。

こうしたなか、ABCテレビなどアメリカの主要メディアによりますと14日午後、日本時間の15日午前7時半ごろ、カリフォルニア州で55人の選挙人がバイデン氏に票を投じたところでバイデン氏が当選に必要な全米の選挙人の過半数の票を正式に獲得しました。

これを受けて、来月6日、連邦議会の合同会議で行われる投票の集計でバイデン氏の当選が最終的に確定し、バイデン氏が第46代大統領に選出されます。

トランプ大統領は、選挙に不正があったと訴え、引き続き争う姿勢を示していますが、バイデン氏が過半数の選挙人を獲得したことで、結果が覆る可能性は事実上、なくなったと見られています。(NHK)

ご感想

他の情報