米大統領 セルビアとコソボの経済分野の関係正常化 成果を強調

(VOVWORLD) -アメリカのトランプ大統領は、長年対立するヨーロッパのセルビアとコソボの交渉を仲介した結果、経済分野での関係正常化を実現したと発表し、「歴史的だ」と成果を強調しました。
米大統領 セルビアとコソボの経済分野の関係正常化 成果を強調 - ảnh 1        (写真:easstbaytimes)

トランプ大統領は4日、ホワイトハウスでセルビアのブチッチ大統領とコソボのホティ首相とともに、署名式を行い、セルビアとコソボが経済分野での関係正常化で合意したと発表しました。

旧ユーゴスラビアのセルビアの自治州だったコソボは、激しい民族紛争を経て、2008年に一方的に独立を宣言しましたが、セルビアはいまも独立を認めておらず、対立が続いています。

今回の合意では、セルビアによるコソボの独立の承認など政治的な問題は棚上げする一方、両国の間で高速道路の建設などインフラ事業を進め、アメリカが投資するとしています。

アメリカのオブライエン大統領補佐官は、「将来的には政治問題での事態打開につなげたい」と狙いを説明し、セルビアのブチッチ大統領は「多くの違いが残されているが重要な前進だ」と合意を歓迎しました。

また合意には、イスラム教徒が人口の大半を占めるコソボがイスラエルと外交関係を樹立することや、セルビアがエルサレムに大使館を移設することなどイスラエルを強く支持する内容が盛り込まれています。

トランプ大統領は、今回の合意について「歴史的だ」と話していて、みずからの外交的な成果だと強調したい狙いもあるとみられます。(NHK)

ご感想

他の情報