米最高裁判事にトランプ大統領指名の保守派バレット氏 承認

(VOVWORLD) -アメリカ大統領選挙の投票日が1週間後に迫る中、議会上院はトランプ大統領が連邦最高裁判所の新しい判事に指名した、保守派のバレット判事を賛成多数で承認しました。
米最高裁判事にトランプ大統領指名の保守派バレット氏 承認 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

アメリカ議会上院は日本時間の27日午前、本会議で、先月死去したリベラル派のギンズバーグ連邦最高裁判事の後任として、トランプ大統領が指名した、保守派のバレット判事を賛成多数で承認しました。

これを受けてトランプ大統領は、ホワイトハウスで式典を開き、「きょうはアメリカと、合衆国の憲法、そして法の支配にとって非常に重要な日となった。バレット判事はアメリカで最も優れた法学者であり、すばらしい最高裁判所の判事になるだろう」と述べました。
これに続いてバレット氏は宣誓を行い「連邦最高裁判所の判事として指名していただいたトランプ大統領に感謝したい。何者も恐れず、味方もせず、政治から独立して職務を全うしたい」と決意を述べました。
バレット氏の就任で、連邦最高裁判所の判事は9人のうち6人が保守派となり、アメリカ社会を二分する問題の司法判断にも、保守的な価値観がより強く反映されると指摘されています。
アメリカ大統領選挙の投票日が1週間後に迫る中、トランプ大統領は保守層の支持拡大を図りたい考えですが、民主党側は強く反発しています。

ご感想

他の情報