米朝の初首脳会談から2年 関係は行き詰ったまま

(VOVWORLD) -朝鮮民主主義人民共和国の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領がシンガポールで歴史的な初対面を果たしてから丸2年を迎えようとしています。
世界中の関心が集まる中で両首脳が約束した朝鮮半島の非核化と平和体制の構築、両国関係の改善への道のりはいまだ遠く、米朝間の対話は昨年2月にベトナムでの2回目の会談が物別れに終わって以降、膠着(こうちゃく)状態が続きます。アメリカは今年11月に大統領選を控えている上、新型コロナウイルスへの対応に追われるなど、目の前の懸案に集中しており、北朝鮮も再選を目指すトランプ氏との間で関係改善への対話に執着する様子は見せていません。当面、突破口を開くことは容易でなさそうです。

2018年6月12日、シンガポールでの米朝首脳の初会談は、米朝の70年の敵対関係を終わらせて朝鮮半島に平和の新時代を開くという期待感を高めました。両首脳は米朝の新たな関係の構築や朝鮮半島の平和体制構築、朝鮮半島の完全な非核化、米兵の遺骨返還などを明記した共同声明に署名しました。朝鮮半島の難題だった朝鮮民主主義人民共和国核問題がついに解決への糸口をつかんだかのように見えました。

ご感想

他の情報