米産業界、対中関税の延期要請

(VOVWORLD) -28日、米産業界でつくる自由貿易推進団体「アメリカンズ・フォー・フリートレード」は、年内に予定されている対中制裁関税の発動延期を求める書簡を、トランプ大統領に送ったと発表しました。

延期が「年末休暇のアメリカの家庭に大統領が与えられる贈り物だ」と訴えました。

書簡では「多くの企業は関税コストを消費者に転嫁せざるを得ない。価格上昇は消費者を直撃するだろう」とした上で「アメリカの企業や労働者、消費者を守るために行動が求められている」と指摘しました。

米政権は9月1日、中国からの輸入品1120億ドル(約11兆8千億円)分に15%の追加関税を課す制裁措置を発動します。

ご感想

他の情報