米韓2プラス2共同声明 「日米韓の協力が重要」

(VOVWORLD) - アメリカと韓国の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会、2プラス2がソウルで開かれ、日米韓、3ヵ国の協力の重要性を確認しました。
アメリカと韓国は共同声明を発表し、朝鮮民主主義人民共和国の核兵器と、弾道ミサイルの問題が、米韓同盟の優先課題だと強調しました。また、日本を含む3ヵ国が、北東アジアの平和や、安全保障のため、協力を継続することで一致したと表明しました。
さらに、アメリカのブリンケン国務長官は、中国についても議論したと述べましたが、共同声明には、中国を名指しする文言は含まれておらず、中国との対立を避けたい韓国の立場に配慮した形となりました。
一方、間もなく開かれる米中の外交トップの会談を前に中国では「中国包囲網」の形成に対する警戒感が強まっています。天津市を訪れた日本の垂秀夫駐中国大使に地元のトップがおととい開かれた日米2プラス2の共同文書に中国批判を盛り込んだと反論しました。(テレビ東京)

ご感想

他の情報