緑の気候基金、発展途上国への支援強化を公約

(VOVWORLD) -先ごろ、GCF=緑の気候基金は新型コロナウイルス感染症の対応に努力している発展途上国における気候変動対応への支援強化を公約しました。

4日間にわたって開催され、21に閉幕していたオンライン会議で、GCFは、温室効果ガス排出量の削減と気候変動対応能力の改善のために、合計で62億ドルを受ける100カ国余りのリストにアフガニスタンとスーダンを加えました。同時に、世界気候変動対策に関する15件の新規プロジェクトに対する8億7900万ドル相当の支援金を採択しました。

なお、緑の気候基金は,開発途上国の温室効果ガス削減と気候変動の影響への対処を目指して、2010年の第16回国連気候変動枠組条約締約国会議で設立されました。

ご感想

他の情報