自民党総裁選 立候補表明の3氏 “台風対応” “支持呼びかけ”

(VOVWORLD) -安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党総裁選挙が8日に告示されるのを前に、立候補を表明している3人は、菅官房長官が台風への対応にあたったほか、岸田政務調査会長と石破元幹事長は、オンラインの会合に出席したり、所属議員を回ったりして支持を呼びかけました。
自民党総裁選 立候補表明の3氏 “台風対応” “支持呼びかけ” - ảnh 1 立憲民主党の 枝野 幸男氏(写真:ロイター)

菅官房長官は、7日午前の記者会見で、自民党総裁選挙を受けた報道機関のインタビューで省庁の再編に触れていることについて、「総裁候補として発言した内容については、総裁になってから考えたいという趣旨で申し上げており、個別に答えることは差し控えるべきだ」と述べました。

そのうえで、「官房長官としての経験で言えば、なかなか進まない課題は複数の役所にまたがるものが多かった。そういう意味では、どういう政策を実現するかを最優先に、役所の仕事や組織の在り方は、常に見直す必要があると思う」と述べ、政策の実現に向けて、中央省庁の組織の在り方を見直す必要があるという認識を示しました。
さらに、記者団が、新型コロナウイルスへの対応に関連して、将来、感染症対策専門の機関が必要かと質問したのに対し、「今後、事態が収束したあとに、組織の在り方を含めてしっかり検証していく必要がある」と述べました。

また、菅官房長官は、新型コロナウイルスの感染拡大で行政のデジタル化の必要性が改めて明らかになったとしたうえで、「鍵となる
マイナンバーカードの普及が進んでいないという指摘には、今後2年半でほとんどの住民がカードを持つよう、具体的なスケジュールをつくり、自治体のシステムの統一など、幅広い課題に、年内に一挙にめどをつけるべく、検討を進めていく」と述べました。(NHK)

ご感想

他の情報