英とEU「協定」合意 年明けの混乱は回避

(VOVWORLD) - イギリスとEU=欧州連合は24日、難航していた自由貿易協定の交渉で合意し、交渉の決裂で年明けに経済や社会が混乱する事態は避けられました。

これはイギリスがEUを離脱したことにともなうもので、イギリスが加盟国と同等に扱われる今年末までの妥結を目指して交渉が行われていました。

現在EU加盟国に認められているイギリス近海での漁業権を継続するかどうかをめぐって対立が続いていましたが、5年半の移行期間を設定することで合意に達しました。この期間内はEUの漁船に一定の条件のもとで操業が認められます。

イギリス・ジョンソン首相「新型コロナウイルスを打ち負かすことがイギリスの最優先事項であり、余計な不確実性を排除したかった」

イギリスで新型コロナウイルスの変異種が広がっていることを受け、イギリスとEU諸国との間では物流が滞っています。貿易交渉が決裂すればさらなる混乱が避けられない中、双方がギリギリのタイミングで歩み寄った形です。(日本テレビ)

ご感想

他の情報