英エコノミスト誌、ベトナムの成長を予測

(VOVWORLD) - 先頃、イギリスの雑誌「エコノミスト」は2020年、貧困国は富国より迅速な成長を遂げてきたことから、所得格差の縮小が図られたと伝えました。

また、今年、新型コロナウイルス感染症の影響でプラス成長を遂げる新興国が少ないが、先進国が早く衰退してきたため、先進国と発展途上国間の格差が縮小されているとしています。

更に、世界の主要国の2020年4月~6月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比9.1%減少しました。リーマン危機時の約3.5倍の落ち込みで、コロナ()の傷の深さが鮮明になりました。それでも感染を早期に抑え、経済復調()()いた中国やベトナムはプラス成長を達成したと伝えています。

ご感想

他の情報