英ジョンソン首相 新提案もEU側から厳しい見方

(VOVWORLD) -今月末のEU=ヨーロッパ連合からの離脱期限まで1か月を切る中、イギリスのジョンソン首相は懸案となっていた北アイルランドの国境管理をめぐり、新たな提案を行いました。
英ジョンソン首相 新提案もEU側から厳しい見方 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

しかし、EU側からは厳しい見方が示されているほか、イギリス議会で賛成を得られるかも見通せず、離脱に向けた道筋はなお不透明です。

イギリスのジョンソン首相は2日、懸案となっていた北アイルランドと隣接するEU加盟国、アイルランドとの国境管理をめぐり、新たな提案を行いました。

EUに宛てた提案には、イギリス全体はEUの関税同盟から脱退するものの北アイルランドについては地元の意向を踏まえたうえで、一定期間はEUの農作物や工業製品のルールに従い、厳格な税関審査なしにアイルランド側と取り引きできることなどが盛り込まれています。

この提案について、ジョンソン首相から説明を受けたEUのユンケル委員長は、根本的な解決にはつながらないという厳しい認識を示唆しました。

一方、ジョンソン首相は、今月8日、通常の手続きに従って議会を閉会し、14日に新たな会期を始めると発表し、離脱に向けた政策を中心に審議するとみられます。

イギリスは、仮にEUと合意しても議会で賛成を得る必要がありますが、新たな提案には野党側からすでに批判的な声もあがっていて道筋はなお不透明です。

ご感想

他の情報