英内相、テロの危険性を警告


24日、イギリスのメイ内相は、ロンドン市内で講演し、「情報機関によれば、イギリスにおけるテロの脅威は2001年9月のアメリカ同時テロの前後を含め、現在が最も危険だ」と警告しました。

同内相は、「2005年7月に52人が死亡したロンドンでのイスラム過激派による同時多発テロ以来、治安当局がこれまでに約40件のテロ計画を阻止した」と指摘しました。

この中には、ロンドン証券取引所を爆破する計画もあったということです。イラクやシリアで活動する過激組織「イスラム国」には、英国籍のイスラム教徒も多数参加しており、英国ではイスラム過激派によるテロへの懸念が強まっています。

 

ご感想

他の情報