英政府 ファーウェイの5G機器使用を部分的に許可

(VOVWORLD) -イギリス政府は次世代の通信規格「5G」で中国の通信機器大手ファーウェイの機器の使用を部分的に認めることを決めました。これに対し、安全保障上の懸念からファーウェイの製品の排除を求めてきたアメリカの政府高官は「失望している」と述べ、イギリス側と引き続き協議したいとの考えを示しました。

イギリス政府は28日、国家安全保障会議を開いて「5G」の通信網の整備でファーウェイの機器の使用を認めることを決めました。

使うのは重要な分野を除く部分的な箇所にとどめ、核関連施設や軍事基地などがある地域では採用しないとしています。

決定の背景にはファーウェイの製品が技術やコスト面で競争力が高いとされていることや、現地の通信網の一部にすでに組み込まれていることなどがあるとみられ、イギリス政府は使用に厳しい制限を設けることでサイバー攻撃などの脅威を防げると説明しています。

これに対し、安全保障上の懸念から同盟国などにファーウェイの製品の排除を求めてきたアメリカの政府高官はNHKの取材に対し、「失望している」と述べ、イギリス政府と引き続き協議したいとの考えを示しました。

今月31日にEU=ヨーロッパ連合から離脱するイギリスは、アメリカとの間で自由貿易協定の締結を目指していますが、今回の決定は両国の通商交渉に影響をあたえるのではないかとの見方も出ています。(NHK)


ご感想

他の情報