英 「合意なきEU離脱」対策で約2800億円の予算追加

(VOVWORLD) -イギリスのジョンソン首相がEU=ヨーロッパ連合からの「合意なき離脱」も辞さない姿勢を続ける中、イギリス政府は通関業務の混乱や医薬品の不足といった「合意なき離脱」によって懸念される事態に備える費用として、およそ2800億円の予算を追加で計上すると発表しました。

イギリスはことし10月末にEUからの離脱を予定していますが、離脱に伴う条件を定めたEUとの協定について議会承認が得られておらず、このまま離脱すると暮らしや経済に大きな打撃になると懸念されています。

この「合意なき離脱」に備える費用として、イギリス政府は、新たに21億ポンド(日本円で約2800億円)を追加で予算に計上すると発表しました。

予算は混乱が予想される通関業務や国境管理の強化、医薬品の確保、それに国民への対策の周知などに充てられるとしています。

先週、就任したジョンソン首相は「合意なき離脱」も辞さない姿勢を強調していて、ジャビド財務相は「この対策費は合意があってもなくても、イギリスのEU離脱を10月に実現するために必要な費用だ」とコメントし、理解を求めています。

ただ、最大野党、労働党からは「合意なき離脱に突き進むジョンソン首相のために使われるもので、おそるべき税金のむだづかいだ」という批判が出ています。(NHK)


ご感想

他の情報