観光客500人、新型コロナで立ち往生続く モルディブ

(VOVWORLD) -インド洋の島国モルディブのアリ・ワヒード観光相は3日までに、新型コロナウイルスの感染対策に伴い約500人の観光客が島内で依然立ち往生していることを明らかにしました。

CNNの取材に、このうちの約100人は空港にとどまり続けていると述べました。モルディブで新型コロナの感染事例が初めて判明したのは1カ月以上前となっています。

同国政府は金銭的な理由でリゾート施設での宿泊を続けられない観光客を支援しました。モルディブを現在のような観光地として育ててくれた観光客は地元の住民に等しいとも述べました。

モルディブで2人の感染者が確認されたのは今年3月8日で、保健省は同月12日に公衆衛生上の緊急事態を宣言しました。保健省によりますと、国内の感染者数は5月2日夜の時点で519人、死者は1人となっています。

モルディブは豪華なリゾート施設で有名ですが、新型コロナの感染拡大で国境閉鎖や旅客機便の欠航などの対応策を強いられ、観光業は大きな打撃を受けています。

ご感想

他の情報