近代都市部の建築遺産の保存・開発

(VOVWORLD) - 10日、ホーチミン市で、ホーチミン共産青年同盟の機関紙「タインニエン」は、「近代都市部の建築遺産の保存・開発」をテーマとするシンポジウムを行いました。

シンポジウムで、ローマ建築家協会の代表は、ローマ時代の建築をはじめ、古典建築の美しさを分析し、建築遺産の価値を明らかにしました。

一方、ハノイオペラハウスの改装にあたった建築家ホー・ティエウ・チさんは、ハノイオペラハウス改装プロジェクトで積んだ経験を語り、ベトナムの建築遺産の保存・開発の重要性を強調しました。そして、ホーチミン市観光局の代表は、同市の建築遺産の価値を利用して観光を開発している取り組みについて紹介しました。

ご感想

他の情報