金委員長が新兵器「主体弾」試射を指導、KCNA

(VOVWORLD) -17日、朝鮮民主主義人民共和国の国営朝鮮中央通信(KCNA)は、金正恩朝鮮労働党委員長が16日に「新兵器」の試射を再び指導したと報じました。
金委員長が新兵器「主体弾」試射を指導、KCNA - ảnh 1       (写真:YONHAP/TTXVN)

アメリカの朝鮮民主主義人民共和国担当特別代表が来週の韓国訪問を控えている中、朝鮮半島の非核化に向けた取り組みはさらに複雑な様相を呈しています。  韓国国防省によりますと、朝鮮民主主義人民共和国は16日、短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体2発を発射しました。約230キロ飛行し日本海(Sea of Japan 韓国では東海 East Sea)に落下しました。 

KCNAは、「最高指導者の立ち会いの下、主体(Juche)弾が発射された」と報じました。試射は申し分のない結果を収め、この兵器システムへの信頼を一層大きなものにしたとしています。  朝鮮民主主義人民共和国は米韓合同軍事演習を「侵略のリハーサル」とみなし強く反発。先月以降、飛翔(ひしょう)体を6回発射しています。朝鮮民主主義人民共和国はこれまでも米韓軍事演習には決まって反発してきましたが、以前は米韓合同演習中の飛翔体発射は自粛していました。

ご感想

他の情報