金箔製造のキエウキ村 国の無形文化遺産として認める

(VOVWORLD) - 先ごろ、文化・スポーツ・観光省は、ハノイ郊外のザラム県キエウキ村の金箔製造を国の無形文化遺産として認定することにしました。
金箔製造のキエウキ村 国の無形文化遺産として認める - ảnh 1キエウキ村

キエウキ村が金箔製造を始めたのは300年以上のことでした。当時のレ王朝の高官グエン・クイ・チ氏が特命使節として中国へ派遣された際、金箔製造技術を身につけられ、帰国後、キエウキ村の人々にその技術を教えました。キエウキ村の人々はグエン・クイ・チ氏をベトナムの金箔製造の祖として祀っています。

なお、今回、キエウキ村の金箔製造の他、イエンバイ省ムカンチャイ県に住む少数民族モン族の新米祭りや、ラオカイ省サパ町に住む赤ザオ族の祭祀・礼拝用の絵、コームー族の伝統的踊り、バクカン省ナリ県に住むヌン族のスリという民謡など7つの文化財が国の無形文化遺産として認定されました。

ご感想

他の情報