“銃規制強化を” 全米でデモ 乱射事件の高校の生徒ら呼びかけ

(VOVWORLD) (NHK)-デモは、先月、生徒など17人が死亡する銃の乱射事件が起きた南部フロリダ州の高校の生徒たちが呼びかけて24日、アメリカ各地で行われました。
“銃規制強化を” 全米でデモ 乱射事件の高校の生徒ら呼びかけ - ảnh 1       写真: AFP

このうち首都ワシントンでは「銃の事件はもうたくさんだ」とか「銃を守るのではなく子どもを守ってほしい」などと書かれたプラカードを持った高校生をはじめ、子どもからお年寄りまで幅広い世代の人たち、数十万人が参加し、大通りを埋め尽くしました。街の中心部に設けられたステージでは、デモを呼びかけたフロリダの高校の生徒や人気歌手たちが、演説をしたり歌を歌ったりして、銃規制の強化を訴えました。

デモに参加した高校生は「銃規制には時間がかかるかもしれませんが私たち若者が声をあげることが必要だと思います」と話していました。
デモはアメリカだけでなく、中米やヨーロッパなど世界の800か所以上で呼びかけられていて、異例の規模となっています。
アメリカでは、銃の乱射事件が起きるたびに、銃規制の強化を求める声が高まりますが、自衛のために銃は必要だという意見も根強く、世論は分かれています。こうした中、トランプ大統領が打ち出した学校の教職員に銃を持たせるという提案が物議を醸していて、再発防止に向けた議論の行方が注目されます。

ご感想

他の情報