電子商取引、企業の収益の引き上げに貢献

(VOVWORLD) -  新型コロナウイルス感染症が複雑に推移している背景の中で、経済専門家らはベトナム企業が存続するため、デジタル転換を進め、オンライン・トレードを進める必要があるとの見解を出しました。

中国の電子商取引グループであるアリババのベトナム代理店Innovative Hub社のグエン・ティン・フック社長はeコマースフロアで販売を効果的に行うため、マーケティング戦略にデジタル化を活用するとともに、ブランドアイデンティティにさらに注目する必要があるとの意見を述べました。

(テープ)

「まず、ウェイブサイトを開設する必要があります。また、オンライントレードに参加しながらも、電子商取引活動を確保するため、ビジネスパートナーと協力する必要があります。さらに、製品に関する情報やイメージを詳細に提供しなければなりません。これにより、顧客は製品を容易に検索することができると思います。」

一方、美術手工芸品を専門とする有限会社Glovimexのドアン・トゥイさんは次のように話しました。

(テープ)

「わが社は電子商取引にシフトしてから、収益は2倍増となりました。我が社の製品は美術手工芸品ですので、見本市に参加するとコストがかかります。オンライン・トレードに参加して、旅費や人件費が節約することができます。また、顧客や注文、収益が増加しています。」

ご感想

他の情報