韓独首脳 ワクチン生産・普及巡る協力で一致

(VOVWORLD) - 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、ドイツのメルケル首相と首脳会談を行い、新型コロナウイルスワクチンの生産・普及拡大に向けた協力を模索することで一致しました。

両首脳は英南西部のコーンウォールで開催中の主要7カ国(G7)首脳会議に合わせ会談しました。

文大統領はグローバル課題の解決に向けたG7の取り組みに寄与する意思を表明しました。メルケル首相は保健・気候変動対応などを巡る韓国との緊密な協力に期待を示しました。

また、文大統領は先月下旬の韓米首脳会談の結果をはじめとする朝鮮半島の平和定着に向けた韓国の取り組みを説明し、メルケル首相は朝鮮半島平和プロセスに対する支持を改めて表明しました。(朝鮮日報)

ご感想

他の情報