首相 イラン最高指導者と初の会談へ 米との緊張緩和図れるか

(VOVWORLD) -イランを訪れている安倍総理大臣は、13日午後、国政の実権を事実上掌握している、最高指導者のハメネイ師と初めての会談に臨みます。アメリカとの対立で高まる緊張を緩和するため、具体的な対応を働きかけるものとみられます。

アメリカとイランの対立で中東情勢が緊迫する中、日本の総理大臣として41年ぶりにイランを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の12日夜から13日未明にかけて行われたロウハニ大統領との首脳会談に続き、日本時間の13日午後には、最高指導者のハメネイ師と会談します。

会談は、首都テヘラン中心部で行われる予定です。ハメネイ師は国外に出ることがほとんどないことから、日本の総理大臣がハメネイ師と会談するのは初めてのことになります。

また、外国首脳では、おととし2月にスウェーデンのロベーン首相が会談していますが、アメリカがイランをめぐる核合意を離脱して以降、G7の首脳でハメネイ師と会談するのは、安倍総理大臣が初めてとなります。

安倍総理大臣は、ハメネイ師が国政の実権を事実上、掌握していることから、経済制裁をかけつつ対話を求めるトランプ大統領の考えなども説明し、ロウハニ大統領との首脳会談と同様に、緊張緩和に向けた具体的な対応を働きかけるものとみられます。


ご感想

他の情報