香港のデモ、行政長官が冷静な対応呼びかけ 空港は再開

(VOVWORLD) -13日、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、「自由の名を借りた違法行為」が香港の法の支配を損なっていると述べ、反政府デモからの回復には長い時間が必要となる可能性があるとの認識を示しました。
香港のデモ、行政長官が冷静な対応呼びかけ 空港は再開 - ảnh 1     デモの様子(写真:ロイター)

同長官は「暴力行為が和らいだ後に」責任を持って経済を再建していくと表明しました。

中国の香港マカオ事務弁公室の報道官はデモについて「テロの芽が出つつあり重大な犯罪行為だ」として非難しています。

この日の香港株式市場ではハンセン指数.HSIが1%以上下落、1月4日以来の安値を付けました。同指数はその後も約1.5%安で推移しています。

同行政長官は、抗議活動により香港が「パニックと混乱の状態」に陥っていると指摘しました。「自由で開かれた、非常に寛大で、経済的に安定した都市である香港は、深刻な傷を負うだろう。回復には長い時間がかかるかもしれない」と述べました。

抗議活動は激しさを増しており、中国の習近平国家主席にとって、2012年の就任以降で最大の課題の1つとなっています。

抗議活動は容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正をきっかけに始まりました。デモ参加者は、香港の自治権を認めた「一国二制度」が揺らいでいると批判しました。行政長官の辞任を求めています。

ご感想

他の情報