香港の国家安全維持法が成立 即日施行 無効化した「一国二制度」

(VOVWORLD) - 6月30日に、北京で開かれた全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は、「香港国家安全維持法案」を全会一致で可決しました。中国の習近平主席が署名し、公布しました。香港政府は同日午後11時(日本時間7月1日午前0時)に同法を施行しました。
香港の国家安全維持法が成立 即日施行 無効化した「一国二制度」 - ảnh 1 催涙ガスを使って、抗議者を分散させる警察(写真:AP)

中国政府は5月、香港での「反逆や扇動、破壊行為、外国勢力との結託、テロ行為」を禁止する法律を制定するとしていました。香港国家安全維持法には、中国が独自の治安機関を香港に置くとの規定もあります。

台湾の蔡英文総統は6月30日、「失望した」と述べ、中国共産党の主張する「一国二制度」が実現不可能であるとの証明だと述べました。また、香港人への人道支援を行う台湾香港事務所は、7月1日から業務を開始するということです。

同日、台湾政府の行政院(内閣)大陸委員会は、中国共産党が香港返還からわずか23年で「香港の高度な自治を50年変えない」という約束を破ったと指摘しました。「香港立法院(議会)を迂回して可決された『国家安全維持法』は香港への支配を強めた。一国二制度の枠組みの下でも、香港の人権、自由、法治をさらに踏みにじった」と中国共産党を批判しました。(大紀元時報)

ご感想

他の情報