3月の日本の完全失業率2.5% 前月比で悪化 新型コロナの影響か

(VOVWORLD) - 3月の日本の完全失業率は2.5%で、前の月と比べて0.1ポイント悪化しました。総務省は「就業者数が大きく落ち込んでいる業種もあり、新型コロナウイルスの影響が出始めている」としています。

総務省によりますと、3月の就業者数は6700万人で、前の年の同じ月と比べて13万人増えました。増加は87か月連続ですが、増加幅は3か月連続で縮小しました。

就業者のうち、パートや派遣社員、アルバイトなどの非正規労働者は2150万人で前の年の同じ月から26万人減少し、比較可能な2014年1月以降で下落幅は最大となりました。

完全失業者数は、176万人で、前の年の同じ月と比べて2万人増えました。

季節による変動要因を除いた全国の完全失業率は2.5%で、前の月と比べて0.1ポイント悪化しました。

総務省は「完全失業率はギリギリ低い水準を維持しているが、新型コロナウイルスの影響が出始めている。次回・4月の調査は厳しい結果が想定される」としています。

ご感想

他の情報