COP19開幕「新枠組みへ行動」 温暖化対策など

11日、地球温暖化の対策を話し合うCOP19=第19回国連気候変動枠組み条約締約国会議がポーランド・ワルシャワで開幕しました。

クリスティアナ・フィゲレス条約事務局長は過去最高の濃度に達した温暖化ガスの観測結果やフィリピンでの巨大台風の被害に触れ、「2015年の新たな枠組みの合意に向け、将来世代のためにも今すぐに行動しないといけない」と強調しました。

先進国に温暖化ガスの削減を義務付けた「京都議定書」に代わる20年以降の新たな国際枠組みの15年の採択を目指し、交渉が本格化します。

議長を務めるポーランドのマルチン・コロレツ環境相も「新たな枠組みの合意が最重要課題だ」と述べました。2014年9月の国連による気候変動の首脳級会合も控え、今後の作業計画の作成が主要議題となります。

ご感想

他の情報