EUと中国首脳がオンライン会議 香港問題など協議か

(VOVWORLD) - 中国側は李克強首相、EU側はミシェル大統領、フォンデアライエン欧州委員長が出席し、新型コロナウイルス対策や経済復興のほか、香港問題についても協議を行うとみられます。
EUと中国首脳がオンライン会議 香港問題など協議か - ảnh 1 シャルル・ミシェル欧州理事会議長=THX/TTXVN

中国とEU=欧州連合は22日、首脳会議をオンライン形式で実施しました。中国側は李克強首相、EU側はミシェル大統領、フォンデアライエン欧州委員長が出席し、新型コロナウイルス対策や経済復興のほか、香港問題についても協議を行うとみられます。

中国国営新華社通信によりますと、昨年12月のEU新体制発足後で初の年次首脳会議となります。当初、首脳会議は3月に北京で開催を予定していましたが、中国における新型コロナの感染拡大を受けて延期されていました。

中国は、新型コロナへの対応などをめぐりアメリカとの対立が先鋭化している中で、医療物資の支援などを通じてEUや欧州各国との関係強化を図っています。ただ、香港への「香港国家安全維持法」の導入をめぐり、EUでも中国への批判が強まっています。

中国共産主義青年団の機関紙、中国青年報(電子版)によりますと、中国のEU代表部の張明(ちょう・めい)大使は18日、EUとの首脳会議を前に「新型コロナは若干の雑音をもたらしたが、互恵・ウィンウィン(相互利益)という中国と欧州による協力の本質は変わらない」と強調しています。(SankeiBiz)

ご感想

他の情報